失敗しないための薬剤師の転職注意点とは?

まず結論から言うと、コロナ以後、閉塞感から転職を「なんとなく」控える人が多い状況です。

そのため、せっかくの「いい求人」を見逃すケースが増えています。

以下の「薬剤師の転職理由」を参考に、「自分もそうかも」と思うならまずは相談からスタートしてみるのが一番です。

引用:m3.com(薬キャリ)

わたし

私はちょっと「暇すぎ」て大丈夫かなって。
今はそういう薬局・病院から脱出する人も多い、将来考えるとやっぱり。

先輩

ボーナス後や、コロナが落ち着ちつき転職する薬剤師であふれ返ってからでは条件が大きく下がり、損です。

マイナビ薬剤師
(働きやすさ重視)

リクナビ薬剤師
(年収upや企業求人)

薬キャリ
(薬剤師利用者No.1)

まずは、あなたの「希望条件」をしっかり伝える事が大切です。

転職を考える際に気をつけたいのは、良い求人(高年収/時給・休日が多い)は早いもの勝ちだという事。

そのため会員限定求人が多い、マイナビ薬剤師、あるいはリクナビ薬剤師で、人気のある求人から順に紹介してもらうのがポイントです。

ちなみに「コロナの経営への影響で今は求人が少ない」聞きますが、2020年10月、以下のように6万件を超える求人。

参考:マイナビ薬剤師

仮に「いい求人」が無ければ転職しなければ良く、まずは求人探しから始めたい所ですね。

冬のボーナス後は転職者が増えるので、それまでに行動しておくのがベストです。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

さて、薬剤師の転職理由は人それぞれ。

「人間関係よくないな」「将来が不安だから職場を変えたい」「負担ばかりかかる薬局だ」「年収が低いぞ」

いまの職場環境に疑問を感じていて、転職を検討しようかなと考えていませんか?でも薬剤師の求人探しはとても大変。

わたし

ネットで「求人」って検索しても、多過ぎて良く分からない。
薬剤師会でコネないの??紹介してもらえば早いじゃん。

先輩

わたし

それがあったら苦労はしない!!(薬剤師会の仕事は面倒だからしてない)

身近に相談できる相手がいればいいものの、そうじゃない場合は身動きがとりづらいですよね。

もちろん収入は大切ですが、「高年収」を全面に出した広告ばかりで、どんな職場がいいのか運任せになってしまってはちょっと怖い。

働く上では環境、それこそが一番大切な要素になってくるからです。だからこそ悩んでいる部分があるはず。

わたし

先輩、どこか紹介してくれ~。
知らないし、そもそも責任持てないよ。専門のエージェントに相談しなよ

先輩

わたし

はぁ・・・薬剤師転職サイトですか。信頼できませんが。

ネットには多くの求人があふれていますが、細かな条件や希望などは書いてありません。

大手のサイトがよさそうな気もしますが、正直サポートが手薄なところも。

わたし

ランキングとかでおすすめされてるところを選べばよいのかな?
あぁ・・・汗

先輩

よく「薬剤師転職サイトランキング」などで紹介されている会社は、どこも大手企業。求人は多く集まります。

ただ求人情報自体は表面的でどこも似たりよったり。実際に職場を見学しない事には、その会社(薬局など)が働きやすい職場か判断できない事はよく分かるはず。

職場見学の付き添いや、会社情報の把握、そして個別サポートがなければ、転職に失敗してしまう事も。転職を繰り返すのは避けたいところ。

わたし

どういった会社のサポートが手厚いんですか??
悪い、知らない。けど、外部機関評価の高いところがいいと思うよ。

先輩

よく「薬剤師利用者数No.1」のような記載がなされたサイトもありますが、本当に客観的な評価がなされた会社であるとは断定できません。

なぜなら「利用者数」など、得意な項目で評価しているケースがほとんどだからです。ネットやツイッターに広告を出すほど、つまり有名であればあるほど、利用者数が増えるのは自然なこと。

本当に薬剤師からの評判が良いかどうかは分からないのです。

唯一客観的な指標と言えるのが、厚生労働省委託事業による評価。転職支援を行う約3000社ある事業者から、わずか30数社しか認定されていません。(※薬剤師の転職支援会社は全国に100数十社ほど)

参考:職業紹介優良事業者 認定制度(事業者一覧)

わたし

優良事業者認定、少なすぎですね・・・
個人情報保護とか、色々敷居が高い制度だからね。てかリンク先、見てないでしょ。そういうのダメだよ。

先輩

わたし

(スクショは見ました)この中で、薬剤師の転職サポートをしてくれる会社はあるんですか?
かなり分かりづらいね・・・。会社名だし。

先輩

先ほどの優良事業者一覧に掲載されている企業のうち、薬剤師の転職サポートを行っている会社を抽出してみると少ない事が分かります。

具体的には社名としてメディカルリソースと、マイナビが、優良事業者となっています。

もっともこれは会社名ですので、それぞれ薬剤師の転職支援事業名は以下のようになります。

㈱メディカルリソース:ファルマスタッフ

㈱マイナビ:マイナビ薬剤師

わたし

ファルマスタッフですか・・親会社は日調みたいですが、大丈夫かな・・。

確かに、ファルマスタッフでは「優柔不断な薬剤師」だと、日本調剤をおすすめされます。

もっとも今は大手志向が強く、日本調剤やアインHDなどへ就職する事も、選択肢として持った方がいいんです。

しかし、、、

これは断言できるけど、どんないい転職支援会社にも地雷担当がいるんだ。「運が悪い」とそれに当たる。だから、2社に並行して相談した方がいいね

先輩

2社とも対応がよいものの、一般論として、どれほど優れた会社でも「いまいちな人」がいます。これはその担当者の「社会人経験の差」という部分でも現れます。

実際、サイト内で求人が探しやすいのは「リクナビ薬剤師」。自分でも探したい人には向いています。

そもそも、一番大切なのは、まず相談する事から始めるのがよりよい職場探しが出来る最大のコツです。

1社だけでも大丈夫ですが、よほど転職を焦っているのではない限り、2人(2社)くらいに相談しつつ職場探しをしていく事がポイントです。

わたし

分かりました。まずは相談だけしてみます。もちろん無料ですよね?
無料に決まってるでしょ。ただ、転職は本音が大事だからそこだけは忘れずに。

先輩

色んな条件・希望があると思いますが、本音の部分をしっかりと大切にしないと後々後悔してしまいます。

本音&まず相談してみる、その事を大切にして職場探しを手伝ってもらってください。

まとめ
しっかりと厚生労働省が認可している優良事業者を選ぶこと。そして本音を大切に、まずは相談から始めてみましょう。

 

マイナビ薬剤師(求人数で選ぶなら)

 

リクナビ薬剤師(年収を上げたい)

 

わたし

何か変わるかも。ちょっとだけ、行動してみよう。