薬剤師が転職活動を始める時の注意点

コロナ禍の影響はまだ続きそうで、難しい時期ですよね。

確かに今、40代以上の薬剤師は、転職しないほうがいい状況です。20代・30代なら大丈夫。

ただあなたが転職を考え始める時、一番の悩みは「本当に転職するのが良いのか」を、自分で客観的に判断出来ない事。

人間関係が悪い、数字に追われ働いていて楽しくない、10年後の将来が描けない。そんな「漠然とした不安」を抱えていても、誰もアドバイスをしてくれる訳ではないからです。

薬剤師の転職理由って何?

以下の「薬剤師の転職理由」がとても参考になるはず。「自分もあてはまっているな」と思うなら、まずは相談からスタートしてみるのが失敗のない転職活動のポイントです。

上記は利用者数最多の「薬キャリ」調べ。

求人を紹介してもらっても、今の職場の方が良ければ「転職しない選択肢」を持つ事が転職活動では大事な事。

そのため、抱えている不満を解決するために「年収や働き方などの希望条件」をまずしっかりと伝えることが大切です。

マイナビ薬剤師
⇨正社員求人が豊富

リクナビ薬剤師
⇨パート求人に強い

薬キャリ
⇨薬剤師利用者数No.1

今の不満を解決するために、あなたの「希望条件」をしっかり伝える事が大切ですね。

転職を考える際に気をつけたいのは、良い求人(高年収/時給・休日が多い)は早いもの勝ちだという事。

そのため会員限定求人が多い、マイナビ薬剤師(薬局見学にも同行してくれるので安心)を中心とし、人気のある求人から順に紹介してもらうのがポイントです。

仮に「いい求人」が無ければ転職しなければ良く、まずは求人探しから始めれば大丈夫。

4月になると新卒者が入社するので、早めに無料会員登録しておくのが大切です。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

ググって出てくる求人情報自体は表面的でどこも似たりよったりですよね。

実際に職場を見学しない事には、その薬局や企業などが働きやすい職場か判断は出来るはずもありません。

職場見学の付き添いや、会社情報の把握、そしてあなたに合った、個別サポートが大切になってきます。

転職は本音が大事だからそこだけは忘れないようにしたいもの。

色んな条件・希望があると思いますが「こういう職場がいい」「通勤は近い所」「年収はこれ位」という、本音の部分を大切にしないと後々後悔してしまいます。

本音&まず相談してみる、その事を大切にして転職活動をまずスタートしてみてください。

マイナビ薬剤師
⇨正社員求人に強い

リクナビ薬剤師
⇨パート求人に強い

薬キャリ
⇨薬剤師利用者数No.1

あなたは、今の職場で10年後も働いている自分を想像出来ますか?